大原櫻子の父親はナレーターの林田尚親?個人事務所立ち上げの陰に林田尚親あり?

Pocket

歌手としても活躍中の若手女優、大原櫻子さんですがまだ20代前半と言う若さながら個人事務所を立ち上げたことで話題になりました。しかし、この事務所立ち上げですが大原櫻子さんの実父であるナレーターの林田尚親さんが裏で関わっていた可能性がうわさされています。

芸能界では林田尚親さんはナレーターや声優として有名で、声優育成事務所を経営しています。しかし、娘可愛さからか大原櫻子さんの所属していた事務所とギャラの交渉などで軋轢ができてしまい個人事務所を立ち上げないと芸能活動ができない状態になってしまったと話題です。

そんな大原櫻子さんの父親、林田尚親さんや事務所の移籍、立ち上げ問題についてまとめていきます。

大原櫻子プロフィール

出典;LINE MUSIC MAGAZINE

名前 大原櫻子(おおはら さくらこ)

職業 女優、歌手

生年月日 1996年1月10日

出身 東京都

林田尚親プロフィール

出典:幸せの種(ネタ)通信

名前 林田尚親(はやしだ なおちか)

職業 俳優、声優、ナレーター

生年月日 1962年8月31日

出身 東京都

大原櫻子の父親は有名なナレーター?誰もがその声を聴いたことがある?


最近ネットでは若手女優、大原櫻子の父親の素性が話題になっています。とくに大原櫻子さん自身隠していたわけではないのですが、実父がナレーターとして活躍している林田尚親さんだったのです。

2世芸能人として売り出してい訳ではないですが、歌手としても活躍している大原櫻子さんなので、ナレーターの林田尚親さんからボイストレーニングなどを受けていたのでしょうか?

そもそも林田尚親さんですが、元々俳優として活動していましたが現在はナレーター業がメインなので名前だけ聞いてもピン!とくる方は少ないでしょう。しかし、その声はテレビを見たことがある人ならだれもが知っている声です。

芸能サル
ピン!来てない方はYoutubeで検索!

大原櫻子の父親はどんな番組を担当している?グルナイや深イイ話を担当

 

この投稿をInstagramで見る

 

とあるお仕事で台湾へ…✨

大原櫻子さん(@sakurako_ohara)がシェアした投稿 –


ナレーターとして活動している林田尚親さんですが、どんな番組でナレーションをしていたのでしょう?すぐに思い浮かぶのは「ぐるぐるナインティナイン」通称グルナイや「一分間で人生が変わる深イイ話」。そのほかにも「ザ!世界仰天ニュース」など誰しもが見たことのある番組を担当されていたのです。

まだ、具体的なイメージを持てない人もいるでしょう、一番有名なのは「グルナイ」のゴチになります。コーナーで料理の予想金額が大幅に間違っていた時のナレーション「だ~いごさ~ん(大誤算)」の声です。

出典:アキサイト

林田尚親さんはもともと舞台俳優として活動をされてました。しかし、舞台では誰しもが知っているような有名な作品は見当たりませんでした。

失礼を承知で書くのならば、舞台俳優としてはぱっとせずナレーターとして活躍の場が花開いたというところでしょうか?

芸能サル
ナレーターとしては超一流やからええやん!

大原櫻子の芸能界デビューは父親、林田尚親のコネ?しかし実力は本物


やはり、父親が芸能関係者となると疑ってしまうのがコネで芸能界に入ったのではないかと言うこと。これに関しては結論から言うとまったくコネはないようです。

大原櫻子さんが芸能界に興味を持ったきっかけは小学2年生の頃に見た舞台「アニー」で大勢の前で歌うことに興味を持ち始めたようです。

しかし、その後具体的に芸能界入りを考えるわけでなく学生生活を過ごしました。転機は高校生の頃、学校の友達にマンガ「彼女は嘘を愛しすぎている」のヒロインが大原櫻子さんに似ていると言われたことだそうです。

その一言をきっかけに「彼女は嘘を愛しすぎている」のオーディションに応募し、公開オーディションの末、主役に抜擢され、芸能界入りを果たしたのです。

もしかしたらそのオーディションもコネで合格したのではないかと思われる方もいると思いますが、オーディションは公開で行われました。さらに映画の主役なので興行収入も左右する重要な役どころです。

こんな役を、忖度やコネで決められないですよね?実際に、大原櫻子さんは歌唱力でもかなり秀でた才能をもっており、歌手としてもデビューを果たしています。大原櫻子さんが自分でつかんだ地位なので安心してください。

芸能サル
コネ。。まあ誰もがまず考えるわな。

林田尚親が娘、大原櫻子をかわいすぎて事務所と軋轢?ギャラ交渉で軋轢?


芸能界入りまでは親のコネなどはまったく、なかった大原櫻子さんですが、芸能界に入ってからは多少なりと、林田尚親さんの影響力や発言力が活動に影響が出ているみたいです。

実は大原櫻子さんですが、芸能界入りしてから6年とまだ期間は長くはありませんが所属事務所を数度、変えているのです。この事務所移籍の裏には林田尚親さんの影響があるみたいです。

具体的には、事務所と大原櫻子さんとのギャラ問題です。大原櫻子さんがどう思っているかは分かりませんが、所属事務所と大原櫻子さんのギャラと取り分をめぐって対立が数度あり、移籍を繰り返していたようです。

さらに大原櫻子さんのデビュー作である「彼女は嘘を愛しすぎている」の続編が企画された時には、共演者である三浦翔平さんや佐藤健さんが出演を快諾する中、大原櫻子さんは難色を示したそうです。

理由は、胸キュン路線の映画には出演が必要ないとのこと。これが大原櫻子さんの意見なのか、林田尚親さんのゴリ押しなのかは分かりませんが、女優業としてはおいしい役だと思いますが出演を拒否。

さらに大原櫻子さんの歌手デビュー5周年コンサートが武道館で予定されていましたがこれもキャンセル。理由としては前事務所所属時の企画であったため、事務所移籍に伴い仕切り直しとのこと。

ちなみに大原櫻子さんの事務所移籍に関する林田尚親さんの介入については林田尚親さんからコメントが出ています。

音楽活動と俳優業の両立を目指したく、様々な形を模索しておりました

出典:msnニュース

大原櫻子さんと林田尚親さんの意見や方向性が合っていれば素晴らしい親子愛だと感じるところですが、実際のところはどうなのでしょうか?

林田尚親さんの行動を見ると、女優業より歌手業を優先させたい気持ちがあるように思えます。大原櫻子さんとしては実父に対して言いたいことを言えての結果なら良いですが。。。

芸能サル
本人の意思が一番大切やからな。

大原櫻子の事務所設立の陰には父、林田尚親あり?女優活動はどうなる?

冒頭でも述べたように大原櫻子さんは、2018年10月に個人事務所を立ち上げています。まだ20代前半で女優としても活動の幅を広げているようには見えますが、まだテレビ露出が多いという印象はありません。

若手女優の独立と言うと、能年玲奈(のん)さんの問題がまだみなさん覚えていると思います。能年玲奈さんも所属事務所との対立ということで事務所をやめていました。

能年玲奈さんはその頃CMでも引っ張りだこでしたし、テレビ露出もかなり多かったイメージがありますよね?そんな能年玲奈さんでさえ、芸名を変え事務所を辞めた後はテレビ露出が極端に減ってしまいました

大原櫻子さんの影響力は、まだそこまで大きくありません。今の時代であれば、ネットで楽曲を流したり、Youtuberとして個人で活躍されている方も多いですが、テレビ露出は減りそうですね。

いずれにしろ、歌唱力、美貌を兼ね備えた大原櫻子さんにはご自身のやりたいことを成功させて芸能界で羽ばたいてほしいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)